歯医者で使われるマイクロスコープ

歯医者の治療は、簡単なものから難しいものまで、どれも歯という細かい対象に行われています。

そのため、できるだけ精密な治療にするために、レントゲンなどを活用していますが、治療中に何度もレントゲンを撮影することもできないので、目で見るには限界がありました。

歯医者のマイクロスコープの情報を幅広く扱っているサイトです。

そこで、マイクロスコープを使う歯医者が増えています。マイクロスコープは、メガネのようなタイプから顕微鏡のようなタイプまで、倍率によって様々な形態がありますが、肉眼では見ることのできないレベルに拡大できるという特徴があります。


そのため、今までは経験に頼っていた治療を、目に見える形で丁寧に行うことができます。たとえば、歯の神経を取る治療は、小さな歯の中のさらに奥にある神経に対して行われます。



肉眼ではほとんど見ることができない、とても細かい治療で、時間をかけて進めていきます。

マイクロスコープがあることで、歯医者は今まで見ることができなかった神経の中を見ながら治療することができるようになりました。

虫歯になってしまった神経を取り残すと、虫歯が再発する恐れがありますが、見ながら除去することで、取り残すことがなくなります。

斜めに生えてしまった親知らずの治療など、マイクロスコープがあることでより治療がスムーズに進められるようになりました。

一見すると歯医者の顔が見えないために、怖いと感じてしまうかもしれませんが、精密な治療を行う上では欠かすことができません。

wikipediaについての情報を提供しています。