レーザー式とニードル式脱毛

脱毛処理は人生の中でもたくさんの時間と長い期間必要になります。

永久脱毛をしないかぎりなかなか生えてこなくなることは難しいからです。

カミソリで毎日処理する方法は手軽ですが、肌を傷める事があります。

RAYVISの口コミの情報サイトです。

肌のダメージを最小限に抑えるためには処理後のケアも必要なので時間や手間がかかります。



その処理が全くなくなるわけではありませんが格段に少なくする方法があります。

医療機関が行うレーザー式は医療行為になるのでクリニックや皮膚科などで行うことができます。


以前は、ニードル式が主流でした。

ニードル式は毛穴に細い針のようなものを差し込んで毛乳頭を破壊する方法です。
毛穴に施術用の針を1本ずつさして微弱の電流を流すのでレーザーに比べて強めの痛みが伴います。

有望なBIGLOBEニュースの情報ならお任せください。

処理をした毛の再生率が低いので永久脱毛に近い処理です。


1本1本に施術をするのでとても時間がかかりレーザー式よりも高額になる場合が多いです。

毛が生え変わったら繰り返し処理を行う必要がある点はレーザー式に似ています。

レーザー式も痛みが伴いますが、我慢ができる程度の痛みの場合が多いです。ニードル式に比べて比較的痛みが少ない事と広範囲の処理が可能です。

ニードル式と比べて処理時間が少ないので金額も安価になる場合もあります。
どちらの処理も完全な永久脱毛ではないので処理後数本毛が生えてくることはあるかもしれませんが、処理前より手入れの時間が少なくなることは間違いありません。